写真を通じて日々感じたことを、写真と文で綴ります


by stbears
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:写真は心の鏡 ( 5 ) タグの人気記事

JPS展

今期、実行副委員長をやっているJPS展(日本写真家協会主催)は、東京展を皮切りに、広島、名古屋、京都と巡回展を開催しています。その展示の為に、久しぶりの広島に行って来た。
JPS展は、一般公募と会員のコラボ、約500余点の作品の展示だが、アマチュアカメラマンの力量はレベルが高く、毎年上位に入賞する常連が多い。22才以下部門では、今はやりのガーリーな写真ではなく、被写体と真摯に向き合う新鮮な写真が多かった。デジタルカメラ時代のおかげで、92才から2才までという応募者の年齢も幅広く、写真人口の底辺が広がり、写真界の発展が楽しみだ。
世界でも、カメラ保有は、日本がダントツだが、写真を楽しむ、写真で楽しむをもっと体験して欲しいと思っている。

JPS展は、18日まで広島展、7月7日〜12日まで名古屋展、10月6日〜11日まで京都展と巡回して行きます。詳しくは、http://www.jps.gr.jp  をご覧下さい。

展示が無事終了し、日差しが傾く頃、会場の近辺を散策した。梅雨が始まった季節なのに、青空の晴天に恵まれ、真夏を思わせる暑さがじりじりとアスファルトを焦がしていた。キョウチクトウの花の向こうに、あの原爆ドームが見えた。この暑さの中に立つその姿はあの日を彷彿させた。
e0168067_215109.jpg
e0168067_21512866.jpg
e0168067_21514177.jpg

[PR]
by stbears | 2009-06-15 09:08 | 写真

桃の節句の時期

パソコン仕事をしていて、目が疲れてくると、ふと日差しが入ってくる窓辺の方を観る。ガラスの花瓶に季節毎の花を生けて置いてあるのだが、今、少しづつ、ポッポッと咲き出した梅よりも桜よりも濃いピンク色の桃の花が春の気配を感じさせてくれている。僕が育った信州の地では、桜の花が咲く前に、辺り一面の山里があんずの花でピンク色に染まる。ポカポカ日差しのもと、タンポポの黄色とのコラボに幸せな、まったりとした時間が流れ、心癒される。
もうすぐ、講師をしている学校の卒業式だ。春は巣立ちの季節、また出会いの季節、心浮き浮きする季節。外に飛び出して、スナップ撮影を楽しむ良い季節がやってくる。
e0168067_13505749.jpg

[PR]
by stbears | 2009-03-02 13:52 | 日常
2月17日(火)の誕生日からスタートした写真展「ジャワの風2」、2月28日(土)までギャラリーバー26日の月にて開催中。ここでやるのも、今年で8回目。一年に一度の締め切りを課して、なんとか続けて来たが、デジタルカメラ時代になって、銀塩カメラでの撮影のみ許されるここの展示は、有る意味、アナログ撮影のリハビリのようになっている。今回の撮影フイルムは、コダックのTMAX120、フジの645を使用してのインドネシア・ジャワ島への旅だった。昨年の8月、ジョクジャカルタで開催されたワヤンの大会で日本ワヤン協会の松本亮先生が日本の影絵詩劇を上演するということで、照明係兼記録係として同行した時に撮影してきた。じゃらんしながら、気軽にスナップした写真の中から19枚をセレクトし、プリントは月光のインクジェットプリント紙バライタタイプに、エプソンのPX-5500にてモノクロ温黒調設定で印刷した。銀塩印画紙と遜色のない仕上がりで、会場のハロゲンランプの色とマッチングして、熱帯地方独特の熱風と湿り気を感じさせる色合いとなったようだ。
アナログレコードのJAZZの曲が流れる中、ビールを飲みながら、ゆったりとジャワの風に浸っていただければと思います。ちなみに、24日〜28日は、連日お店に行っていますので、お立ち寄り下さい。
e0168067_1164998.jpg
e0168067_117223.jpg
e0168067_117183.jpg

[PR]
by stbears | 2009-02-21 15:00 | 写真

デジタル撮影

某ファッションショーの撮影で、デジタルカメラの利点をつくづく感じた。
フイルムカメラで撮影していた時はTタイプのポジフイルムを2倍増感ISO320で撮っていた。結構、粒子が荒れて、大伸ばしの誌面では解像度がいまいちだった。
メインの光源がタングステンだったので、Tタイプフイルム使用で色温度はほぼ合っていたが色転びは否めなかった。ところが、デジタルカメラD300に切り替えてみたら、なんと今までの苦労は何だったのだろうと思える程、きれいに仕上がっている。色温度は、AWB(オートホワイトバランス)か3850ケルビンに設定で色転びがなく、また、ISO感度も、1600〜3200に上げても色ノイズがほとんど目立たない。それにも増して、助かったのは、フイルム交換などの手間がないこと。
4GBのCFカードを入れてあれば、十分書き込み枚数に余裕あり。
36枚撮りのフイルムなど、あっという間に撮ってしまう。次々と舞台を歩いてくるモデル達を追いかけて撮影するので、フイルムのチェンジは頻繁になる。2〜3台のカメラをひっきりなしに取り替えて助手君にフイルム交換をしてもらっていた。
照明の明かりの色や光量が舞台効果のため頻繁に変化する。それに合わせて、これはTTLの測光データだけに頼らず、いつもの勘で、微妙に絞りダイヤルとシャッターダイヤルの組み合わせを瞬時に変えながら撮影して行く。演出上結構暗く、露出を開けなければアンダーになってしまう時がたいへん。VRの付いたレンズで、手ぶれが補正できる。といっても、1/30などのスローシャッターでは、モデルの動き、動体ブレが起きてしまう。そこで、動体ブレがないように1/125のシャッター速度保持で2段位アンダーのまま撮影してしまう。そこはデジタルの良い面で、画像処理ソフトのレベル補正機能で明るくできる。オーバーになった写真は救えないけれど、アンダーはかなり救済ができるのは、助かる。
e0168067_0453574.jpg
e0168067_0455489.jpg
e0168067_1194364.jpg

[PR]
by stbears | 2009-02-21 00:46 | 写真

日々想うこと

デジタルカメラの普及で、写真を撮る人が増えて、裾野が広がった。
量販店の店頭では、コンデジを求める人が群がっている。
写真は、心の鏡というけれど、普段何気なく過ごしていたことが、
カメラを持って歩くと、感動が素直に感じられ、スナップしたくなるもの。
ズームのクローズアップ機能を使えば、普段観たこともない世界が撮れるし、
アングルを変えると、目線の違う世界が観えて来ます。
見るから観るへと物事を洞察して感じることができ、自分の心を、他人の心を
理解出来る素晴らしい写真力について、これからも追求して行きたい。
e0168067_12384120.jpg

[PR]
by stbears | 2009-02-09 12:40