写真を通じて日々感じたことを、写真と文で綴ります


by stbears
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

JPS展

今期、実行副委員長をやっているJPS展(日本写真家協会主催)は、東京展を皮切りに、広島、名古屋、京都と巡回展を開催しています。その展示の為に、久しぶりの広島に行って来た。
JPS展は、一般公募と会員のコラボ、約500余点の作品の展示だが、アマチュアカメラマンの力量はレベルが高く、毎年上位に入賞する常連が多い。22才以下部門では、今はやりのガーリーな写真ではなく、被写体と真摯に向き合う新鮮な写真が多かった。デジタルカメラ時代のおかげで、92才から2才までという応募者の年齢も幅広く、写真人口の底辺が広がり、写真界の発展が楽しみだ。
世界でも、カメラ保有は、日本がダントツだが、写真を楽しむ、写真で楽しむをもっと体験して欲しいと思っている。

JPS展は、18日まで広島展、7月7日〜12日まで名古屋展、10月6日〜11日まで京都展と巡回して行きます。詳しくは、http://www.jps.gr.jp  をご覧下さい。

展示が無事終了し、日差しが傾く頃、会場の近辺を散策した。梅雨が始まった季節なのに、青空の晴天に恵まれ、真夏を思わせる暑さがじりじりとアスファルトを焦がしていた。キョウチクトウの花の向こうに、あの原爆ドームが見えた。この暑さの中に立つその姿はあの日を彷彿させた。
e0168067_215109.jpg
e0168067_21512866.jpg
e0168067_21514177.jpg

[PR]
by stbears | 2009-06-15 09:08 | 写真